常在菌の住処について

善玉菌

外から摂る腸内細菌を大腸まで届ける理由

常在菌は上図のように小腸の空腸には常在菌があまりいません。
回腸のあたりからグンと増えます。回腸の部分は免疫を担当する部位で常在菌はぐっと増えます。
免疫力のある腸内細菌を開発するのは、回腸に良い菌を届けようとするわけです。

そして、大腸には発酵を担当して栄養物を作ったり、良い便を作ったり、ペーハーを下げるためにも一番多く住み着いています。
菌食会社は「生きたまま大腸まで届く〇〇菌が100億個」と宣伝してその重要性を訴えるのはこのためです。
実際にどの菌が、どのくらい届いたと言うデータを見ることは少ないのが現状です。

自分の常在菌を育てることが大切

外来菌をいろいろ高い予算であれこれ探す前に、自分に住んでいる常在菌を増やして、元気になるように気を使うことがセルフケアです。

常在菌の住処を知ると、
こんな食べ物は常在菌に喜ばれるかな〜。
こんな食べ物は常在菌に嫌われるかな〜。
抗生物質を飲むと良い菌が死んでしまうのだよね。
人工甘味料は迷惑なんだろうな〜。
肉など多めにしょっちゅう食べると未消化のものが、眠っている肉好きの菌が目を覚ますのだろうね。
オナラの臭い時はイエローカードだから、肉ばかり多めに食べ続けないほうがいいね。
肉魚、脂の多い時は野菜やセンイ食品を、必ず同時に摂るといいよね。
スィーツや砂糖の多い飲料は常在菌に良くないよね。
下痢軟便の時は特に常在菌を育てなければいけないね。早く調子を取り戻すのがいいよね。
ストレスや冷えは大嫌いなんだ。お風呂に浸かってよく休んでほしいよね。

ちょっとした気遣いで、常在菌の住処は平穏に保てます。

全ての常在菌たちはコンピュータのネットワークのように連絡し合っています。
でも、学者さんのお話を聞くと、各菌たちは結構、小競り合いや縄張り争いをしているようです。
微笑ましいですね。

常在菌だって良い住処や働きやすい環境が欲しい

人の体の中に1〜1.5Kgもある常在菌は一つの臓器に思えます。
臓器は貯蔵する器と言います。
常在菌は貯蔵する器ではないですが、食べ物からビタミンやタンパクを作ることを思えば、肝臓のような生産工場のようです。
個人的には腸管は体に良いものを作り上げる臓器のように見えます。
浅学な者ですが、東洋医学には体内の常在菌の存在を学説化していなかったのだろうかと思うこの頃です。

草食動物があれだけの大きな体や骨や筋肉を作り出すのも、動物たちの常在菌の力です。
常在菌の発酵力でタンパク、ビタミン、ミネラルを作り出し、体を作り上げます。

人は雑食ですが、常在菌の住処だけは守ってあげることができるような、食生活をしたいものです。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

「えっ! そうなの? そう言えば心当たりあるわ」 「なるほど、そういうことだったのね」 「マンネリ化したやり方ではダメなのね」 「考え直して、取り組んでみようかしら」  につながる、ヒントを書いてゆきます。