大腸メラノーシスについて

大腸メラノーシス

お腹が痛くなる便秘薬を続けると大腸の粘膜が黒くなる

 大腸メラノーシス(大腸粘膜黒皮症)とはセンナ、大黄(ダイオウ)等の大腸刺激性下剤(アントラキニン系)を長い間飲み続けたことにより、色は黒っぽくヒョウ柄のようになります。

医療の中には次のような、薬の使用基準で治療を進めるのが良いとしております。

大腸刺激性下剤は長期に使用すべきでなく、やむを得ない時に1週間以内の使用にとどめ、浸透圧性下剤に切り替えることが良いと記されています。
また、痙攣性便秘での使用は腹が痛くなったり、すっきり感がなく治療としては悪循環であり、続けて服用することは適当でないと記されています。
(薬物療法の実際 第3版 山村雄一、織田敏次、五島雄一郎、清水喜八郎=日本消化器学の草分け的な教授の方々)

成分が同じであるにもかかわらず、銘柄を変えて市販品を服用し続けたり、不定期な便秘に悩まされないため受診時に処方を受けて予防的に飲み続けたり、また習慣的に服用し続けることで、徐々に大腸メラノーシスが進行します。

便秘治療の第1選択剤は酸化マグネシウム等の浸透圧性下剤にして、止むを得ない時にかぎり大腸刺激性下剤にして、続けて服用したり、量を多くしない事が大切な治療方法であります。

  • 写真左下:大腸メラノーシスで黒いヒョウ柄が確認できる。
  • 写真右下:健全な大腸の色調である

大腸メラノーシスこの写真の無断使用は固くお断りいたします。
この写真は医師との版権使用許諾契約にて掲載しております。

刺激成分は通販下剤、健康食品、ダイエット食品・お茶などの飲料に含まれているものもあります。
そのキャッチフレーズを見ても薬では「自然生薬で体にやさしい」、健康食品やハーブなどでは「毎朝すっきり」などの表現で販売されていますが、薬剤師や登録販売者に相談をするようにしましょう。

大腸メラノーシスを早めに消しましょう。

写真を提供して頂いた医師から「メラノーシスの色素沈着は、大腸刺激性下剤をやめると半年くらいで色が薄くなり、1年くらいできれいになります。」と聞きましたので、気になる方は早めに生活習慣を切り替えましょう。

メラノーシスの腸粘膜表面は厚く硬くなるので、常在菌の住処として良くないので早く改善しましょう。

ここから引用させていただきます。

2009年のドイツエッセン大学の論文(Z Gastroenterol. 2009)では、「アントラキノン系の下剤が大腸メラノーシスを来し、大腸腺腫を増加させるということは明白であるが、なぜそのようになるのかメカニズムがはっきりしてはいないので禁止はできないものの、他にも副作用もあることなので、長期の使用をすべきではない」と述べている。
アロエ、センナ、カスカラ、ダイオウの含まれる市販下剤はとても多く、ほかに医療薬品では、アジャストA、ヨーデル、アローゼン、プルゼニド、センノサイド、セチロなどこれも非常に多い。漢方薬では大黄甘草湯、麻子仁丸の他に多く含まれている。
まず、欧米の教科書での大腸メラノーシスの記載をみてみる。
「大腸メラノーシスは通常、アントラキノン系の下剤の乱用によって生じる.アントラキノン系の物質はアロエ、カスカラ、センナ、ダイオウがある。この有病率は 大腸内視鏡検査または剖検では1~4%にみられる。この色素沈着はリポフスチンによって生じ、右の結腸から始まり、左の結腸に及んでゆく.虫垂や回腸末端にも波及してゆく。組織学的には粘膜の深部にまで及び、さらに重症では粘膜下組織にまで波及する。このような状況になれば多数の炎症細胞がその周りに生じ、粘膜層が肥厚し始める。さらにリポフスチンを取り込んだマクロファージ(白血球の一種)がリンパ節に多数見られるようになる。アントラキノン系の薬剤は腸の筋層の神経細胞を減少させ、炎症後に増加するシュワン細胞の過増殖を生じる」(Gastrointestinal Pathology、Raven Press、 New York、1989)
「アントラキノン系の下剤(センナ、アロエ、カスカラ、ダイオウ)を長期間使用すると、大腸に可逆的な色素沈着が生じる。1829年、クールベイラーが下痢を主訴とした患者の大腸が墨汁(チャイニーズ・インク)のようだったと記載したのが始まりとされている。ウイルヒョウは解剖された人に同じように黒色に染まった大腸を経験し、大腸メラノーシスという用語を初めて使用した。大腸メラノーシスはアントラキノン系を毎日4ヶ月摂取すれば生じ、断続的であっても9か月から1年摂取すれば生じる。大腸メラノーシスに合併した大腸癌の報告が数えられないほどあるが、大腸メラノーシスと大腸癌との関係は未だに不明である」(Gastrointestinal Disease、SLACK information、 NJ、2002)
クールベイラーはフランス(パリ)に存在した医者で、彼の報告した論文のタイトルは、「癌とメラノーシスの合併」であった。ウイルヒョウは現代の医学の基 礎を築いたドイツが生んだ偉大なる病理学者で歴史的偉人である。彼らが、限りなく疑ったのは黒くなる粘膜と大腸癌の関係であった。
ところで、大腸メラノーシスの状態になれば、単に色素が沈着するだけではなく、大腸の筋層の神経細胞が減少するということは便秘だからといって、アントラキノン系の薬を使用し続けると、薬の副作用で腸が動きにくくなり、弛緩性便秘や巨大結腸症になりうることを示唆している。「アロエがはじめはよく効いたのに、急に効かなくなった」という話はよく聞く話です.その原因は、副作用で大腸の神経の機能が悪化したためなのである。

記述引用先  宇野コラム 便秘バイブル:第五章:大腸メラノーシスより

便秘を治すにもちょっとしたコツがいるのですが、治ります

 長年(3年以上)の便秘でも治ります。

便秘の人でも元々は便秘に縁がなかったわけですから、便秘でなかった頃をイメージして生活習慣を変えてみると治ります。
薬だけでなんとかしようと焦らないことが肝心です。
便秘歴の長い方ほど少々時間はかかりますが必ず治ります。

 便秘薬は服用量を増やすことは避けたいです。

薬の添付文書の服用量で充分効果がありますが、わずかな増減で排便をコントロールすることもできます。
大腸刺激性下剤の増量は好ましくないですが、短期間(一週間以内)ならやむを得ないでしょう。

増量するとクセになるタイプの便秘薬があるので気をつけることが大切です。
腸内細菌を育てることで便秘は治ることも合わせて学びましょう。

便秘薬を長期間服用することは避けるべきです。

薬によっては慣れが出たり、慣れにより効き目が薄れたと勘違いして増量したりするケースが多いのです。
便秘薬を長期間服用してかえって便秘になったり、副作用の強いものを連用して厄介な病気になることもあります。
便秘薬は一時的に便通を助けるものであることを認識することです。
大腸刺激性下剤は長期間服用すると大腸メラノーシス(大腸粘膜黒皮症)になるために注意が促されております。
自分に常在している腸内細菌を育てて、便秘薬の服用を短くしたり、また離脱することを学びましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

「えっ! そうなの? そう言えば心当たりあるわ」 「なるほど、そういうことだったのね」 「マンネリ化したやり方ではダメなのね」 「考え直して、取り組んでみようかしら」  につながる、ヒントを書いてゆきます。