便やおならの匂いのはなし

おならの匂い 朝のおなら

おならの匂いについて

おなかに常在菌がいるかぎり発生しますが、自然現象のひとつなので仕方がありません。
いつでもどんなときにも多少は出る物です。

芋や豆やゴボウを食べるとおならが出やすいものです。
これらは食物繊維やオリゴ糖がたくさん含まれており、人の消化酵素でなかなか消化出来ないために、大腸にまで流れついて大腸内で常在菌に発酵されます。

発酵されて有機酸(短鎖脂肪酸)ができますが、併せていくつかのガスもできます。

牛乳が飲めない乳糖不耐症の人が牛乳を飲んで、おなかがゴロゴロ鳴るようなときには水素ガスと二酸化炭素(炭酸ガス)を発生するのです。

水素ガスは腸でも吸収されるが、解けにくい面もあるので一部は血中に入り吐く息になってでます。
二酸化炭素(炭酸ガス)は溶けやすいので腸内に炭酸になって溶けています。

そのほかに窒素ガス、メタンガスもおならに含まれています。
窒素ガスは空気中の窒素ガスが飲み込まれておならにでる事もあるが、一部常在菌にがつくることもあります。
メタン菌がいる人は水素ガスと二酸化炭素からメタンガスを作ります。

水素ガス、二酸化炭素、メタンガスが含まれるおならは匂いがありません。

臭いおならは、便の匂い成分がおならと一緒に出るためです。

臭い成分はスカトール、インドール、硫化水素、メルカプタンなどですが、これらの成分はごく微量に含まれていても匂います。
臭い成分はアミノ酸が常在菌によって分解されて匂うのです。

肉料理をたくさん食べた時に未消化の肉が大腸にまで届いて、常在菌によりタンパク質(アミノ酸)を分解されて匂いが発生します。
大腸に未消化の蛋白を好む菌が増えすぎることを避けなければなりせん。
肉料理も適度に食べるとすべて消化されてしまいます。

ここで、いつも臭いおならが出ることに悩んでいる人は、次のことで生活を見直すことが良いかと思います。

  • 肉魚料理が多めの日が続く食事を避けましょう。
  • 胃の調子が悪かったり胃酸を抑える薬を飲んでいる人は、肉魚を消化出来なくなり大腸まで流れて常在菌の分解をうけて匂いが発生することになります。(胃酸や胃の消化酵素が働かないと肉魚の消化が出来ないのです。)
  • 肉魚料理のときは必ずと言って繊維の豊富な野菜を一緒に摂りましょう。
  • 肉魚量を上回る繊維食は大腸に届いて、前述の匂いを消す状態に持っていくことです。

 

便の匂いについて

便の匂いで鼻をつまみたくなる時もあります。
短鎖脂肪酸のことを揮発性脂肪酸ともいいます。
酪酸や吉草酸はきつい匂いを持っています。他にも少量ですがイソ酪酸、イソ吉草酸などが匂います。

匂いのある有機酸の大部分は、常在菌がアミノ酸を分解して作ります。
ここでいう分解とは、アミノ酸からアミノ基が取れることで短鎖脂肪酸になります。
アミノ酸が分解すると「臭い」という事はこういうことなのです。

臭いウンチとなると吉草酸、イソ酪酸、イソ吉草酸が多いととても臭く、肉類を食べ過ぎていることになる訳です。
匂い短鎖脂肪酸のできる一例として、必須アミノ酸のロイシンからイソ吉草酸、バリンからイソ酪酸、イソロイシンから吉草酸ができます。

酪酸は難消化でんぷんや食物繊維から常在菌の発酵によりできます。
酪酸も臭いですが、酪酸は大腸粘膜エネルギーの80%を賄う大切な短鎖脂肪酸なので、匂い成分としてあまり毛嫌いをしないで欲しいです。

オリゴ糖、難消化性澱粉、水溶性・不溶性繊維を摂ると、匂いが気にならないおならや便ができます。
肉魚系たんぱく質をたくさん摂りますと匂いのきついおならや便ができます。

食べ物に注意する事で匂いはコントロール出来ます。
匂い消しサプリをとり続けることなどは、常在菌の生態系を乱すことになりかねません。

参考文献・「ママのおなかエコロジー」森下芳行著 日本文学館

ABOUTこの記事をかいた人

「えっ! そうなの? そう言えば心当たりあるわ」 「なるほど、そういうことだったのね」 「マンネリ化したやり方ではダメなのね」 「考え直して、取り組んでみようかしら」  につながる、ヒントを書いてゆきます。