常在菌のえさのバランスを保つのが良い

常在菌のエサ

常在菌のエサもバランスが必要なのです

常在菌のネットワーク

人の食事もバランスです。
常在菌のえさもバランスです。

常在菌の各菌がそれぞれの好みのエサが届いて、多種多様な短鎖脂肪酸(有機酸)を作ってくれる。

常在菌の好みの餌は大きく分けて三つです。

  • オリゴ糖
  • 難消化でんぷん
  • 食物繊維(水溶性繊維・不溶性繊維)

この三つは複数の糖(ブドウ糖ほか)が人の消化酵素の力で切ることができないほど、強いつながり方をしている食べ物です。
人が食べてすぐ切れないので小腸の奥から大腸に流れ着いて、そこに住んでいる常在菌のエサとなり、満腹になった常在菌は腸や身体に良い生成物(短鎖脂肪酸)を作り出してくれるのです。

それぞれのエサがそれぞれの菌に平均的にすみずみまで行き届いてこそ、生成物の数も量もバランスよく作られるのです。
三つは複数の糖が入った栄養補助食品選ぶ時も、それぞれが含んでいる量と原材料も調べることも必要です。

他のページでも書いておりますが、常在菌のネットワークはとてもちみつに保たれています。
コンピュータのシステムみたいなものです。
コンピュータも無理して一度に大量の仕事を要求すると固まって作動しなくなります。

便秘にオリゴ糖ばかりがいいとは言えません

ここでお伝えしたいことは、オリゴ糖のみを多めにまたは習慣的に飲み続けることで、お通じは常に柔らかくなってあまり好ましくないと考えています。
その理由はオリゴ糖を好物にしている菌(ビフィズス菌など)だけが増えて、偏って生成物を作りすぎることになります。

オリゴ糖を食べることができない菌との間では、不公平感が出て腸内菌全体で良いネットワークが作れなくなります。
それぞれの菌の仕事のバランスが崩れて、バナナみたい形の便を作れなくなるということです。

オリゴ糖は水に溶けるので腸内で浸透圧が高まって、腸内が水たまりになって下痢状態にもなります。
重度な便秘を短期間で改善するには一つの方法ですね。

常在菌のビフィズス菌は抗生物質に弱い上に、自力で腸内で増えることができない菌のためオリゴ糖が歓迎されるのである。
しかし、オリゴ糖でビフィズス菌を増やし悪玉菌(ウェルシュ菌など)を減らすという形にはならないのです。

オリゴ糖以外のエサを好む菌に対しても、バランスよく同時に与えないと悪玉菌(ウェルシュ菌など)を抑える協力体制が作れないのです。
ビフィズス菌だけがオールマイティーではないということも知ってほしいものです。

最大勢力の常在菌を育てる冷やご飯や玄米

難消化性デンプについては下記のページを参考にしてください。
blog.darm.co.jp/…/16/冷やごはんを食べてやせる、奥の深いはなし

かえって便秘になるセンイの取りすぎに注意

センイだって太い便だけを求めて偏ってたくさん食べると逆に便秘になります。
センイでもブドウ糖が含まれる新鮮な野菜の方が、質の良い生成物を作ることができます。
そして毎日適量をバランスを考えて続けることで、常在菌は便を作り、腸を丈夫にしてくれるでしょう。

また、一般的にセンイのことをコレステロールや毒素を包み込んでくれたり、便を太くすることなどで愛用されます。
このことは外れてはいませんがさらにもっと奥の深い話しとなると、不溶性センイは大腸の奥までとどいて常在菌のベットになり増殖のための住まいにもなります。
電線に止まっている鳥たちのように群がって生活をしているのです。
このような環境で菌が増えて生成物(短鎖脂肪酸)を作られます。

ジャングルに微生物がたくさんいて、老木をエサにして繁殖しており、悪臭もなくマイナスイオンも感じることを思い浮かべてみてください。
大腸の奥は空気を嫌う菌が連鎖的に発酵を繰り返して、抵抗力のある腸を作っているのです。

人も常在菌も偏った食事をするとなにかしら、気分や体調が変わることを経験します。
経験の中でも、毎日経験することは体からの便り、すなわち「便」が形と色と量と匂いで知らせてきます。
便は、偏った食事に注意するようにイエローカードとしてを出してくるわけです。

腸という工場で食べ物を処理する常在菌たちの力はとても優れているのです。
腸の中にはとても頼りになる常在菌がいることを忘れてはならないです。

食事のバランスの大切さとは、常在菌のエサのバランスのことも言えるのです。

ABOUTこの記事をかいた人

「えっ! そうなの? そう言えば心当たりあるわ」 「なるほど、そういうことだったのね」 「マンネリ化したやり方ではダメなのね」 「考え直して、取り組んでみようかしら」  につながる、ヒントを書いてゆきます。