常在菌が発酵と腐敗を使い分ける

腸内発酵のことを知る

腸内発酵は腹が張るし、おならもしょっちゅうでるのでとても不愉快と思っていませんか。
腸内発酵は食べ物と腸内細菌が触れ合って起こるものです。

腸内発酵が起こらないことは、常在菌が少なかったり、発酵力が強い菌が腸の中に育っていないということです。
常在菌が発酵できる食べ物を摂っていないこともあります。

腹が張っておならが臭い時は発酵できる食べ物を取っていないか、又は少ないことである。
発酵できる食べ物の摂取が少ないときは、発酵ではなく腐敗の環境を作る菌が優勢になってしまいます。

腸内異常発酵とか腹部膨満感という症状はこういったことにより起きます。
便秘の時にはこういう症状が起きます。

発酵と腐敗を一緒にしないことです。

判りやすく言いますと人の消化酵素で消化しにくい、オリゴ糖や難消化のデンプンや水溶性、不溶性の繊維の中から、ブドウ糖を得るために常在菌が発酵という化学反応を使って、延命したり増殖する生命活動なのです。(発酵)

一方、タンパク質は人の消化酵素でほぼ消化できる仕組みになっていますが、胃が弱かったり、胃を切除したり、胃酸を止めてしまう薬を飲み続ける人は、タンパク質が消化できないから腸までタンパク質が流れつき、タンパク質を専門に腐敗させる菌の化学反応といことになります。これらの菌は普段はおとなしいですが、あまりにも未消化タンパク質が過剰になると便もおならも匂います。タンパク質には繊維質がない上にブドウ糖が無いに等しいことを知って欲しいです。(腐敗)

常在菌は人の都合で食べる食事によって、発酵と腐敗を使い分けるのです。

おなかが張るからガスピタン?

発酵か腐敗も解らないのに張るおなかを薬で解決されては、常在菌もたまったものではないです。
一時的に治ることもあるが、決して利口ではなく完治は難しいでしょう。

腸内異常発酵とか腹部膨満感は確かに辛いですが、こんな時はあまり食べずに少し熱めの風呂に入って休むことです。
それで辛いときは酸化マグネシウム便秘薬を朝夕少しづつ飲んで排便することです。

前述しましたが、こういうときは常在菌の活動が腐敗か発酵という形で、人に猛烈にアピールしているわけです。
常在菌ですから、人に対して何らかのイエローカードかレッドカーを出しているわけですので、薬で対応しない方がいいわけです。1日か2日ほど優しく付き合うと取れるはずです。

便臭が強いのでシャンピニオン?

便臭がだっておなら週だって常在菌の化学反応です。
シャンピニオンを使うということは悪臭ということですね。

悪臭の元を断つことをしないで、だだ消臭剤を使うようなものです。
たんぱく質のアミノ酸が腐敗するととてつもなく匂います。アミン、インドール、アンモニアは体にもよくないです。

消臭に対する合理的な裏付けに乏しいシャンピニオンを使うくらいなら、常在菌を発酵環境に仕向けることです。
すなわち、オリゴ糖や難消化のデンプンや水溶性、不溶性の繊維を摂ると常在菌たちはすぐに水素ガスや炭酸ガスを作るようになります。匂いがしない水素ガスや炭酸ガスを作ることの方が確実で、常在菌も安心して増殖できます。

腸内の腐敗があっても良いのです。
その腐敗の原因を探し出す上で、人はすぐに生活環境を見直すきっかけになります。

腐敗だの発酵だのと一喜一憂しないで、生活を見直すことです。
常在菌は本当に食べ物環境によって、人に警鐘を鳴らしてくれます。

そして、体は元に戻ろうとする力が備わっています。
薬、クスリ、くすりでは体も常在菌もポロボロになってしまいます。

ABOUTこの記事をかいた人

「えっ! そうなの? そう言えば心当たりあるわ」 「なるほど、そういうことだったのね」 「マンネリ化したやり方ではダメなのね」 「考え直して、取り組んでみようかしら」  につながる、ヒントを書いてゆきます。