腸カンジタ症あれこれ

カンジタ菌や酵母は真菌のくくり

カンジタ菌の本名はカンジダ・アルビカンス菌と言って人の胃腸内の常在菌です。
カンジタに感染すると薬では抗真菌剤と言われるものを飲むことになります。

人の常在菌ですからどなたにも生息しています。
消化管に存在しますが、特に胃の底の方に住んでいる菌が食事や生活環境によって活動するのです。
しかし、本来常在菌ですから何かの役に立つために存在しているわけです。

系列的には真菌の分類に入りますので、異常増殖すると抗真菌剤が処方されます。
通常は悪さをしませんが、宿主が甘いものを多食したり、体調を崩したり、ストレスだったり、体を冷やしたときなど増殖します。

これとて、人にイエローカードを出すために存在するわけで、カンジタ菌の異常活動に対して反省して生活を見直さなければなりません。

普段は腸内細菌や他の菌類が住み着いていない小腸(特に空腸)の中で、カンジタ菌が活発に動き小腸に流れ着き増殖しながらよくない生成物をまき散らします。

このカンジダ・アルビカンス菌は胃の中の後胃(腺胃部)に常在する菌で、人が偏った食事をしたり、免疫力が低下しているときに増殖するのです。
人に対して生活に「気をつけて下さいね」と警告してくれる菌と考えてほしいものです。

カンジタ菌といろいろな症状

カンジダ・アルビカンス菌は酵母菌の一種ですから砂糖(糖類)をエサに異常増殖して、増殖した菌は小腸に流れて、そしてカンジタ菌の生成物が小腸粘膜に炎症を引き起こし、腸カンジダ症となるわけです。

腸管粘膜に慢性炎症を招き、小腸粘膜網に穴が開いて「リーキーガット症候群」と呼ぶ症状が出ます。
パンや味噌醤油の発酵に使われる酵母菌は楕円形で出産品が増殖するものです。
しかし、カンジダ・アルビカンス菌の酵母菌は菌糸状(枝葉が増える状態です増殖する)ですので、悪いことに腸粘膜に穴を開けながら糸を伸ばすのです。健康な腸粘膜もたまったものでないです。

穴の開いたところから未消化タンパクが血中に移行して厄介な病気になってしまいます。

このような症状のときに悪いことに普段は腸内細菌が少ない空腸に、大腸の方から腸内細菌が逆流してくるのです。
その症状名はSIBO(しーぼ)といって小腸に菌が過剰に増えて、しかもカンジタ菌とも入り混じってとんでもない環境になってしまうのです。

この講座での第一の脳は空腸ですので、小腸が不安定ですと頭の脳も不安定で落ち着きも失います。
腸内がバランスの悪い腸内細菌叢になると、消化管炎症、神経障害、アレルギー反応など治療するのは大変厄介になるのです。

砂糖(糖類)の摂り過ぎで腸カンジダ症から発生するのが多いという。
疲れたと言っては糖類やスイーツのを摂って疲れを癒そうなんて考えない方がいいのでしょうね。

ごく少数の人に起こる稀な症状ですが、糖類や砂糖をとって酔ってしまう「酩酊症」というものがあります。カンジタ菌も酵母ですから糖類をお酒に発酵することもあるのです。
お酒も飲まないのに酔ってしまう人もいるそうです。
こういう方は運転は禁物ですね。

菌の系統と分類を知ることで安心

カンジタ症にかかると酵母と関わりのある食品は摂らない方が良いという誤解があるようですが、まったくの誤解ですので安心してください。

上図にもあるように、酵母もカンジタも系列は同じですが、菌種はきちんと分類されています。
「カンジタ症は抗真菌薬で治療するので、酵母で作ったパンや味噌汁を食事でとってはいけないと医師から言われました。」「どうなんでしょうか?」
というご質問を幾度かいただきましが、その度に「何の心配もいりませんし、パンや味噌汁を食べてください。」とお答えしております。

このように食事として酵母菌を摂る機会もある訳であるが、すべて腸カンジタ菌の異常増殖に関連すると取られかねない情報や医師の指導にも訂正や補正が必要と思います。

小腸に悪影響がでるのは胃酸抑制薬の継続服用かもしれない。


胃酸を長時間抑えるクスリの多用に問題が出てきます。
胃酸があってこそ外来侵入菌は殺菌されるようになっています。
又、カンジタ菌も胃酸と共に胃内に定着して生活していますが、一日中胃酸を抑える薬を飲む人などはカンジタ菌が小腸へ移動することもありえます。
胃から小腸にかけて色々な菌が侵入して定着し、炎症を引き起こすようになると大変なことになります。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎の症状に胸焼けや呑酸(どんさんと言う。酸っぱいものが胸の上からのどの奥に込み上げてくること)の症状がつきまとうので不快なために処方されるクスリがあります。
今の時代、飽食であるために色々な症状が発現して、色々なクスリが開発される反面、別な不都合なことが次から次へと発生するのが困ります。

胃酸を抑えるクスリで今、一番有名で強い薬がなプロトンポンプ阻害薬(PPI)いいます。
このPPIを多用することによってSIBO(小腸に菌が過剰に増える)やカンジタ症が発生して、過敏性腸症候群(IBS)を出現させる可能性が高まります。

これらのことは医学会では1994年から論争され、2013年に過去十数例の論文により「関係がある」と判断されたものです。
(clinical gastroenterology and hepatology2013;11:483-490)

現職の内科学名誉教授とお話しする機会があり、胃酸を抑えることに憂慮なさっていたのが強く印象に残っています。

ABOUTこの記事をかいた人

「えっ! そうなの? そう言えば心当たりあるわ」 「なるほど、そういうことだったのね」 「マンネリ化したやり方ではダメなのね」 「考え直して、取り組んでみようかしら」  につながる、ヒントを書いてゆきます。