発酵で体に良いものや便を作る大腸(結腸)

大腸はとてもナイーブで活動は常在菌を頼りにしています

大腸は、盲腸、上行結腸、横行結腸、下降結腸と直腸に分けられます。
そして大腸は常在菌の力を借りて、エネルギーをつくり、粘膜の新陳代謝を活発にしているのです。

腸内細菌の住処は回腸から住み始めて大腸には最も多く住んでいるのです。
そして、外より摂る菌よりずっと住み続けている菌が増えることの方が、何よりも自然で安全性が高く人にとっても安心なのです。

大腸の常在菌をバランスよく増やしましょう

生きたまま大腸に届くといった宣伝が多い時代ですが、腸内細菌の数は今や1000種1000兆と言われている時代です。
外から摂る菌サプリが「一袋に100億個も入っているので、毎日摂ると良い」と言いますが、1000種1000兆の数と比較するとゼロに近いような数です。

そして生きたままといってもどのくらい生きたまま届くのでしょうか。
確実な数は数えることはできません。

まして十人十色と言って、それぞれの個体差もあり食べ物も違うわけでなかなか難しいものです。
外から菌を摂るよりも、自分の菌を育てることに知恵を使った方が確実に増えるわけです。

菌を頼りにしている大腸のおおよその働きを見る

働きの一つ一つを見てもお気づきと思いますが、全て発酵という化学反応に関係するものです。
便を作るにも水分を上手に吸い取る仕組みなどは、発酵過程で出来る短鎖脂肪酸(有機酸)の力がないと水分を血管内へ引き込むことができないのです。

腸内細菌のバランスが悪く数も少ないと、なかなか下痢便から解放されません。
同じように腸内細菌のバランスが悪く数も少ないと便秘状態がなかなか解決できません。

知恵を使って自分の菌を育てることが良いと言いましたが、おおよその方法が上行結腸、横行結腸、下降結腸別に記しています。

整腸薬を飲んだり、高いお金を支払って菌サプリを飲まなくとも、センイやオリゴ糖や難消化デンプンをこまめに定期的に摂るだけで、あなたに相性の良い菌はどんどん増えるわけです。

大切なビタミンの合成には常在菌の力が欠かせません

健康な腸で作られるビタミンの種類はわかっているものは7つです。
ビタミンK
ビオチン
葉酸
パントテン酸
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12

Web上に覚え方が載っていましたので借用して記します。
「か(K)びん(ビオチン)の葉(葉酸)っぱ(パントテン酸)に2(VB2)×6(VB6)=12(VB12)匹の蝶々」・・・と覚えるようです。 おかげさまで二度と忘れません。

ここで最も重要なビタミンB6について分子栄養学上の情報を記します。
腸内細菌が元気で毎日ビタミンB6を作り続けることとは、すごく元気でよく眠ることができる原動力なのです。

肝機能検査でASTとかALTの値をどのように読めば、体調の悪さから解放できる修復ポイントが分かります。
ビタミンB6というビタミンについて覗いてみましょう。

 

よく眠れるのか、眠りの質は良いのか、タンパク質がとれているか、よく消化されているかなど肝機能の数値からビタミンB6の不足を予測して、腸内環境の悪さなども推測できることになります。

VB6の食事摂取基準の推奨量は男女で1日1.2mg〜1.4mgですが、やはり近頃食事からの摂取が落ちているのが現状です。
VB6は蛋白である酵素に対して補酵素として酵素活性に大きな役割を果たしています。

ALTはとにかくVB6がないと壊れやすい蛋白なのです。
しかも神経伝達物質の合成するのに力を発揮しているものなので、不足すると良い眠り、幸せ感を得ることができません。

日常生活において腸内環境を整えて発酵力を導き、良い便をするようにすることでVB6をたくさん確保できます。
すると肝機能の酵素活性が高まり、精神的にも快適な活動ができるようになるわけです。

VB6は食事からも摂れますが、推奨量までは摂れなくとも腸内細菌がせっせと合成してくれているのです。
ここではVB6一つをとって分子栄養学的にどのように作用しているかを記しましたが、腸内細菌が作るビタミンの大切さをご理解いただけましたでしょうか。

お腹を温めエネルギーを得るためには

大腸内を発酵環境に導くことは、栄養やエネルギーを作り、腸内粘膜の新陳代謝など数え切れないほど良いことだらけです。
食べ物や特定のサプリを摂って、これはお腹が張るから私に合わないという人がおります。
残念ですが、発酵食品の本質を理解するとそういう結論にはならないと思われます。

食べ物は常在菌の酵素や酵母の酵素などで食べ物を発酵して、ビタミンやタンパク質を合成したり、短鎖脂肪酸(有機酸)肝臓に運び込むことで肝臓は丈夫になり健康が維持できます。

いわゆる発酵食品の製造工場の働きをする所です。
便も実は一つの発酵食品です。ネズミやウサギも糞食をしてビタミンを補給するのです。

おなかは体温計の計測より1度〜2度高くなっています。
37度〜38度で健康を確保できて、そしてガン細胞の芽も出てこないのです。

大腸は臭いウンチを作り、冷たくてのろまな臓器と思わないでください。
大腸は24時間、365日フルタイムで働いてくれている頑張り屋なのです。
便が出ないからといっておなかの痛くなる薬を大量にそして長期に飲んで、大腸を痛めつけることだけは絶対になさらないで下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

「えっ! そうなの? そう言えば心当たりあるわ」 「なるほど、そういうことだったのね」 「マンネリ化したやり方ではダメなのね」 「考え直して、取り組んでみようかしら」  につながる、ヒントを書いてゆきます。